健康診断

一般健康診断|定期健康診断

労働安全衛生規則第44条

1年以内ごとに1回、定期に次の項目の健康診断を行わなければなりません。

健康診断項目

  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の調査
  • 身長、体重、体格指数(BMI)、腹囲、視力および聴力の検査
  • 胸部エックス線検査および喀痰(かくたん)検査
  • 血圧の測定
  • 尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)
  • 貧血検査(赤血球数、血色素量)
  • 肝機能検査(AST[GOT]、ALT[GPT]、γ-GTP)
  • 血中脂質検査(HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪)
  • 血糖検査(血糖またはヘモグロビン A1C
  • 心電図検査

※喫煙歴及び服薬歴については、問診などで聴取します。
※腹囲の測定方法は、雇入時健康診断と同じです。
※聴力検査は、1,000Hzの30dB(A)および4,000Hzの40dB(A)で純音を用いて、オージオメーターで検査します。
 ただし、45歳未満(35歳、40歳を除く)の者の聴力検査は、医師の判断により他の方法を用いてもよいことになっています。
※心電図検査は、安静時標準12誘導心電図を記録します。
※医師が必要でないと認める場合に省略できる健康診断項目
〔産業医などの医師が、個々の受診者について、健康診断を実施する時点の健康状態、日常の生活状況、作業態様、過去の健診結果などを総合して、省略しても問題ないと判断した場合のみ省略することができます。〕
・身長:20歳以上の場合
・腹囲:40歳未満(35歳を除く)の場合、妊娠中の女性その他の者であって、その腹囲が内蔵脂肪の蓄積を反映していないと診断された場合、BMIが20未満である場合、BMIが22未満であって、自ら腹囲を申告した場合
・貧血検査、肝機能検査、血中脂質検査、血糖検査、心電図検査:40歳未満(35歳を除く)の場合
・胸部エックス線検査、喀痰検査:詳細は『働く人の健康/全衛連』を参照

料金

健康診断項目健康診断内容料金(税込)
定期健康診断既往歴・業務歴の調査、自他覚症状の有無、身体測定(身長・体重・体格指数・腹囲)、尿検査(糖・蛋白・潜血)、視力検査、血圧測定、胸部エックス線検査、心電図検査、医師診察、聴力検査(オージオメーター使用1000Hz・4000Hz)、貧血検査(赤血球数・血色素量)、脂質検査(LDLコレステロール・HDLコレステロール・中性脂肪)、肝機能検査(AST[GOT]、ALT[GPT]、γ-GTP)、糖尿病検査(血糖・HbA1C)会 員/8,100円
非会員/8,640円