健康診断

一般健康診断|労災保険二次健康診断

労働者災害補償保険法第26条

労災保険法による過労死の予防給付として制定された制度で、定期健康診断の結果「対象者選別の項目」において下記の異常所見があると診断された労働者は二次健康診断の項目と特定保健指導の内容について「二次健康診断等給付」を請求できます。ただし、既に脳・心臓疾患の症状を有している方、労災保険に加入されていない方、特別加入している方及び事業主は対象外です。

対象者選別の項目(一次健康診断)

  • 血圧の測定
  • 血中脂質検査(HDLコレステロール、LDLコレステロールまたは中性脂肪の検査)
  • 血糖検査
  • 腹囲の測定または体格指数(BMI)の測定 BMI=体重(kg)÷身長(m)2

二次健康診断の項目

  • 空腹時血中脂質検査(空腹時のHDLコレステロール、LDLコレステロールまたは中性脂肪の検査)
  • 血糖検査(空腹時の血中グルコースの量の検査)
  • ヘモグロビンA1C検査(一次健康診断で行った場合を除きます)
  • 負荷心電図検査または胸部超音波検査(心エコー検査)
  • 頸部超音波検査(頸部エコー検査)
  • 微量アルブミン尿検査

特定保健指導の内容

  • 栄養指導:適切なカロリー摂取等、食生活上の指針を示す指導
  • 運動指導:必要な運動の指針を示す指導
  • 生活指導:飲酒、喫煙、睡眠等の生活習慣に関する指導

※ここでいう特定保健指導は脳・心臓疾患の発症防止を図るための保健指導をいう。