健康診断

特殊健康診断|じん肺健康診断

じん肺法第3条、第7条〜第9条の2

じん肺法施行規則に定められた23種類の粉じん作業(粉じん障害防止規則 附則の別表に掲げる作業)のいずれかに常時従事し、または従事したことのある労働者に対しては、1.就業時 2.定期 3.定期外 4.離職時に、次の項目のじん肺健康診断を行わなければなりません。 じん肺健康診断の結果、管理区分が管理2または管理3となった労働者(じん肺有所見者)には「肺がんに関する検査」を行うことになっております。 じん肺健康診断の実施に関する詳細については、『じん肺診査ハンドブック』(厚生労働省労働衛生課編、中央労働災害防止協会発行)などを参照してください。

健康診断項目

  • 粉じん作業についての職歴の調査
  • エックス線写真による検査(胸部全域の直接撮影)

[胸部エックス線写真にじん肺の所見が認められる者に行う検査]

  • 胸部に関する臨床検査
     ・既往歴の調査
     ・胸部の自覚症状および他覚所見の有無の検査
  • 肺機能検査
     〔一次検査〕スパイロメトリーおよびフローボリューム曲線による検査
     〔二次検査〕動脈血のガス分析検査(二次検査は所定の要件を満たす場合のみ)
  • その他に結核及び肺結核以外の合併症の疑いがある者については、医師が必要と認めた項目について検査を行う場合があります。

じん肺有所見者の「肺がんに関する検査」(定期外のじん肺健康診断)

じん肺管理区分が管理2または管理3である労働者については、定期に行われるじん肺健康診断の際に、合併症の検査の一つとして「肺がんに関する検査」を行うことになっています。 このうち、じん肺管理区分が管理2で現在粉じん作業以外の作業に常時従事している労働者については、定期のじん肺健康診断が3年以内ごとに1回であるので、そのじん肺健康診断が行われない年には、労働安全衛生法に基づく一般の定期健康診断(1年以内ごとに1回実施)の機会を捉え、定期外のじん肺健康診断として、「肺がんに関する検査」を行うこととされています。 なお、この場合には、じん肺法第12条に基づくじん肺管理区分の手続きをとる必要はありません。

肺がんに関する検査の健診時期等

対象者じん肺管理区分健診の時期等
新たに常時粉じん作業に従事するもの管理2
管理3
1年以内ごとに1回
常時粉じん作業に従事させたことがあり、現在粉じん作業以外の作業に常時従事する者管理2
管理3
1年以内ごとに1回

料金

健康診断項目健康診断内容料金(税込)
じん肺健康診断 胸部エックス線検査 会 員/2,160円
非会員/3,240円
肺機能検査、医師診察 2,700円
胸部らせんCT検査、喀痰細胞診検査 12,528円