健康診断

特殊健康診断|鉛健康診断

鉛中毒予防規則第53条

法令で定められた鉛業務(鉛中毒予防規則第1条第5項、労働安全衛生法施行令別表4)に従事する労働者に対しては、雇入れ時、当該業務への配置替え時およびその後6ヶ月以内ごとに1回定期に、次の項目の健康診断を実施しなければなりません。

[必ず実施すべき項目]

  • 業務の経歴の調査
  • ・鉛による自覚症状および他覚症状の既往歴の調査
    ・血液中の鉛の量および尿中のデルタアミノレブリン酸の量の既往の検査結果の調査
  • 鉛による自覚症状または他覚症状と通常認められる症状の有無の検査(下欄1〜10の症状)
  • 血液中の鉛の量の検査
  • 尿中のデルタアミノレブリン酸の量の検査
  • ※その他に医師が必要と判断した場合に実施しなければならない項目もあります。

料金

健康診断項目健康診断内容料金(税込)
鉛健康診断 [基本検査]医師診察 2,160円
[生体試料検査]血液中の鉛量の検査 3,240円
[生体試料検査]尿中のデルタアミノレブリン酸の量の検査 1,620円