健康診断

一般健康診断|海外派遣労働者の健康診断

労働安全衛生規則第45条の2

労働者を6ヶ月以上海外に派遣しようとするときは、あらかじめ次の項目の健康診断を行わなければなりません。また、6ヶ月以上海外勤務した労働者を帰国させ、国内の業務に就かせるときも、健康診断を行わなければなりません。

健康診断項目

[必ず実施すべき項目]

  • 既往歴および業務歴の調査
  • 自覚症状および他覚症状の有無の調査
  • 身長、体重、腹囲、視力および聴力の検査
  • 胸部エックス線検査および喀痰(かくたん)検査
  • 血圧の測定
  • 尿検査(尿中の糖および蛋白の有無の検査)
  • 貧血検査(赤血球数、血色素量)
  • 肝機能検査(AST[GOT]、ALT[GPT]、γ-GTP)
  • 血中脂質検査(HDLコレステロール、LDLコレステロール、中性脂肪)
  • 血糖検査(血糖またはヘモグロビン A1C
  • 心電図検査
  • ※その他に医師が必要と判断した場合に実施しなければならない項目もあります。

  • 腹部画像検査(胃部エックス線検査、腹部超音波検査)
  • 血中の尿酸の量の検査
  • B型肝炎ウイルス抗体検査
  • ABO式およびRh式の血液型検査(派遣前に限る)
  • 糞便塗抹検査(帰国時に限る)

※医師が必要でないと認める場合に省略できる健康診断項目
・身長:20歳以上の場合
・喀痰検査