健康診断

生活習慣病予防健康診断

高齢化社会となった今日、がん・心臓病・脳卒中・糖尿病などの生活習慣病の予防と克服が大きな課題です。偏った食生活や不規則な生活、ストレスなどが引き金になるといわれるこれらの病気の危険性は35歳を過ぎると増えてきます。定期的に健診を受け、予防に努めることが重要です。