視力検査

検査の結果から疑われること・わかること

近視 遠視 乱視

どんなふうに調べるの?

5m離れたところから視力検査表を見て、ランドル環という環の切れ目が読めるかどうかで判定します。聴力検査と同様に左右別々で調べ、眼鏡やコンタクトレンズを使用している人は、それらを装着した矯正視力も測定します。

眼底検査

結果はこう見る

眼底検査の結果は、おもに次の3つの分類の仕方で表されます。いずれも段階が進むほど病気の症状が重いことを示しています。 1.KW(キース・ワグナー)の分類 I~IVまでの4段階。高血圧・動脈硬化の状態を調べる。 2.シャイエーの分類 I~IVまでの4段階。高血圧・動脈硬化の状態を調べる。 3.スコットの分類 I~VIまでの6段階。糖尿病性網膜症の状態を調べる。

どうして(め)の底を見て病気の状態がわかるの?

眼底とは眼の奥のこと。そして、ここは体の中で唯一、直接肉眼で動脈を見ることができる場所なのです。眼底の血管は、脳の血管とよく似た変化をするため、高血圧や動脈硬化といった血管の異常が脳内で起こっている場合、この検査である程度の状態をつかむことができます。たとえば、高血圧になっていれば出血や斑点も認められるようになりますが、このような変化を眼底の血管で見つけることができるわけです。

眼圧検査

検査の結果から疑われること・わかること

緑内障 高血圧 糖尿病

どんなふうに調べるの?

測定用の器具や機械で眼球の固さを計ります。仰向けになって表面麻酔薬を点眼し、目に直接眼圧計を軽く押し当てる方法と、圧搾空気を目にふきつけて調べる眼圧計を用いる(こちらは機械をのぞくだけで薬は使いません)方法があります。