AST[GOT]/ALT[GPT]

検査結果が正常でない時に疑われること・わかること

1.GOT(AST)値が高い場合
心筋梗塞 進行性筋ジストロフィー
2.AST[GOT]とALT[GPT]、両方の値が高い場合
急性肝炎(GOT、GPTとも非常に増える)
慢性肝炎・脂肪肝(GPTがGOTより多いのが特徴)
肝硬変・肝臓がん(GOTがGPTより多いのが特徴)

GOT、GPTってナニ?

GOT、GPTは「血清トランスアミラーゼ」とも呼ばれ、からだのたんぱく質を構成するアミノ酸をつくるのに必要な酵素です。GOTは心臓、肝臓、腎臓、骨格筋の細胞に多く存在し、GPTは肝臓の細胞に最も多く存在します。これらの臓器に何らかの障害が起こって細胞が壊れると、GOT、GPTは血液のなかに流れ出ます。そのため、この検査は肝臓の機能や心臓の病気の発見に大きな威力を発揮します。 検査値が高いほど症状が重いと判断されるのは、細胞の破壊がひどければひどいほどGOT、GPTが大量に流れ出てしまうためです。

γ-GTP

検査結果が正常でない時に疑われること・わかること

値が高い場合
急性肝炎 アルコール性肝障害 肝臓がん 閉塞性黄疸 胆道閉塞

γ-GTPってナニ?

γ-GTPも、アミノ酸をつくるために必要な酵素で、おもに腎臓や肝臓、脾臓などに多く含まれています。このうち、とくに肝臓と胆道に障害があるときに血中の値が高くなるため、GOT/GPT検査と並んで肝臓疾患を見つける手がかりとなります。 γ-GTPは、アルコールに反応しやすく、アルコール常飲者では高い値を示します。ちなみに肝臓に障害がない人でもお酒を飲み過ぎれば値は上がります。そして、数日経過しないと基準値には戻りません。ですから、アルコール依存症の治療などで、禁酒が守られている方をこの検査でチェックすることもできるのです。ほかに、向精神薬を常用している人も、値が上昇することがあります。

ALP(アルカリフォスファターゼ)

検査結果が正常でない時に疑われること・わかること

1.値が高い場合
急性肝炎 慢性肝炎 肝臓がん 閉塞性黄疸
2.値が低い場合
先天性抵アルカリフォスファターゼ血症

ALPってナニ?

ALPは、ほとんどの臓器に含まれている酵素です。血中のALPは、肝臓や骨、小腸などから流れ出たもので、おもにこれらの臓器や胆道に障害が起こったときに異常値を示します。また、ALPは、存在する臓器によりタイプが微妙に異なるため、タイプ別に調べることで、どの臓器に異常があるのかを診断する参考にもなります。 この検査は通常GOTやGPTと同時に調べますから、それらに異常がなければ肝臓、胆道以外の病気が疑われます。また、年齢や性差、血液型の違い、食事などにも値が変化しますので、こちらも考慮する必要があります。

LDH(乳酸脱水素酵素)

検査結果が正常でない時に疑われること・わかること

急性肝炎 心筋梗塞 転移性肝臓がん 肺、胃、膵臓、大腸、子宮、膀胱がん 白血病 悪性貧血 進行性筋ジストロフィー 腎不全 膵炎

LDHってナニ?

LDHは身体中の細胞に存在し、糖がエネルギーに変わるときにはたらく酵素です。ですから、どの臓器に障害が起こっても異常値を示します。しかし、なかでも心筋、肝臓、骨格筋の組織が破壊されたときには高い値を示しやすいため、肝臓疾患や心筋梗塞の診断によく用いられます。 ただし、LDH値も年齢や運動、妊娠などによって変化しやすいことを考慮しなくてはなりません。運動や軽作業のあと、妊娠後期には上がりやすく、とくに出産前には基準値の2倍近くになることもあります。

LAP(ロイシンアミノペプチターゼ)

検査結果が正常でない時に疑われること・わかること

肝炎 肝硬変 肝臓がん 胆道疾患(がん、結石、閉塞、炎症) 膵炎

LAPってナニ?

LAPは、たんぱく質を分解するときにはたらく酵素のひとつです。肝臓、腎臓、膵臓などに多く存在し、胆道から排泄されます。肝臓や胆道に障害がある場合に異常値が出ることが多く、とりわけ胆汁が血液中に停滞したときには血中濃度は高まります。このようなことから、LAPは肝臓や胆道の病気を診断したり、状態を知る手がかりとなります。 γ-GTPやALPの検査値と組み合わせて総合的に診断されることも少なくありません。

TTT(チモール混濁試験)/ZTT(硫酸亜鉛混濁試験)

検査結果が正常でない時に疑われること・わかること

1.TTTの値が高い場合
ウイルス性肝炎(急性肝炎) 肝硬変 高脂血症 関節炎 関節リウマチ 糖尿病
2.ZTTの値が高い場合
慢性肝炎 肝硬変 膠原病 肺結核
3.ZTTの値が低い場合
悪性高血圧症 転移性がん 糖尿病

TTT、ZTTってナニ?

TTT、ZTTは、血清に試薬を入れて沈殿や混濁の様子を調べ、血清中のたんぱく質の性質を知る、コロイド反応という検査の種類です。コロイド反応を見るには数種類の方法がありますが、現在一般的に行われているのがこのTTT、ZTTです。血清たんぱくの7〜8割は肝臓でつくられます。そのため、TTT、ZTTの検査値に異常があれば、肝臓のどこかに障害が起こっていることがわかるわけです。ですから、TTT、ZTTは肝臓の診断ばかりでなく、症状の経過を追うためにも利用されています。

ChE(コリンエステラーゼ)

検査結果が正常でない時に疑われること・わかること

1.値が高い場合
脂肪肝 ネフローゼ症候群
2.値が低い場合
肝硬変 慢性肝炎 肝臓がん 悪性腫瘍 膠原病 低栄養症 妊娠中毒症 有機リン酸系農薬中毒
※測定法により正常値が変わります。

ChEってナニ?

ChEは、肝臓や肺、血清中に存在する酵素です。検査の対象になる血清中のChEは肝臓でつくられるものなので、これを調べることにより肝臓の機能を調べることができます。 肝臓疾患と無関係のところでは、有機リン酸系農薬による中毒によって、ChE値は激しく低下します。 「地下鉄サリン事件」として有名になった「サリン」は、この有機リン酸系の薬物です。

血清総たんぱく(TP)

検査結果が正常でない時に疑われること・わかること

1.値が高い場合
慢性肝炎 肝硬変 悪性腫瘍 脱水症 多発性骨髄腫
2.値が低い場合
肝臓障害 ネフローゼ症候群 栄養不良

血清総たんぱくってナニ?

血清中には、健康を維持するためのいろいろな種類のたんぱく質が存在しています。血清総たんぱくとは、読んで字のごとく、それらのたんぱく質の総量です。この総たんぱくを種類分けして比率を調べることで(血清たんぱく分画)、体内の異状の詳しい手がかりを得ることができます。 ちなみに、血清総たんぱく値は高くても低くても異常です。とくに、肝臓や腎臓に障害が起こった場合、高低いずれにも変動します。

A/G比(アルブミン/グロブミン比)

検査結果が正常でない時に疑われること・わかること

肝硬変 慢性肝炎 膠原病 多発性骨髄腫 慢性感染症(肺結核など) ネフローゼ症候群 栄養不良

A/Gってナニ?

血清中のたんぱく質を構成しているアルブミンとグロブミンの比率を表すのがA/G比。血清総たんぱくを調べただけではわからない異常も、これを調べることで見つけることができます。たとえば、肝臓でのみつくられるアルブミンの比率の異常などは、血清総たんぱくから知ることは不可能です。しかし、A/G比を調べ、値が正常でないときは、肝臓に何らかの障害があることがすぐにわかるのです。 ほかの病気の場合も、A/G比は低下します。そして、その低下の程度から病気の重さを判定することができます。

総ビリルビン(T-Bil)

検査結果が正常でない時に疑われること・わかること

黄疸 肝臓疾患 胆石

総ビリルビンってナニ?

ビリルビンというのは、血液中の赤血球が古くなって壊れるときに、ヘモグロビンが分解されてできる黄色い色素です。ビリルビンには、最初にできた間接ビリルビンと、それが肝臓に運ばれてから水溶性のものに変えられた直接ビリルビンとがあり、このふたつをあわせたものが総ビリルビンです。 もしも肝臓に障害が起こると、血中のビリルビンが増加します(黄疸になるとからだが黄色くなるのは、そのためです)。したがって、ビリルビンの検査は、肝機能を調べるために非常に重要です。