血糖

検査結果が正常でないときに疑われること・わかること

1.値が高い場合
糖尿病 急性膵炎 膵臓がん 肝硬変 慢性肝炎 クッシング症候群 甲状腺機能亢進症 肥満
2.値が低い場合
高インスリン血症 インスリノーマ(膵島細胞腫)
※インスリンや経口血糖降下剤投与時にも値が低くなります。

血糖ってナニ?

飲食によってとり入れられた糖質は、腸から吸収されてからブドウ糖となって血液中に入ります。この、血液中のブドウ糖が血糖です。血糖は、からだをつくっているいろいろな組織の細胞のエネルギー源(とくに脳にとって)で、生命活動を維持するために欠かせません。したがって、常に一定量を保っておく必要があります。 血糖値が一定量を超えると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、ブドウ糖は細胞内に取り込まれて血糖値は低下します。このインスリンが不足したり、血液中の血糖が多くなりすぎると血糖値が上がったままになり、糖尿病などの病気が起こるのです。

ヘモグロビンA1C

検査結果が正常でないときに疑われること・わかること

1.値が高い場合
糖尿病
2.値が低い場合
溶血性貧血
※糖尿病の妊婦も値が低くなることがあります。

ヘモグロビンA1Cってナニ?

ヘモグロビンA1C(グリコヘモグロビン)の検査は、本来、糖尿病の有無を調べるというよりは、糖尿病治療をしている人の血糖コントロール状態を調べるためのものです。 ヘモグロビンA1Cとは、赤血球の中のヘモグロビンと血中のブドウ糖が結合したもの。血糖値が食事などの影響で非常に変わりやすいのに対し、ヘモグロビンA1Cはほとんど変動しないため、過去2~3か月間の血糖の状態を観察することができます。そこで、糖尿病がどのくらいコントロールできているかをこのヘモグロビンA1Cで調べることができるというわけです。

尿糖

検査結果が陽性・・・・・

( )糖が出ている、( )やや多く出ている、( )たくさん出ている
ときに疑われること・わかること
糖尿病 膵炎 肝臓疾患 甲状腺機能亢進症
※ほかに、妊娠したときや副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)を長期に服用しているときにも陽性になることがあります。

尿糖ってナニ?

血糖値が一定量を超えると、糖は尿中にもれ出てきます。これが尿糖です。ただし、血糖値が正常でも腎臓のはたらきが弱っているときに尿糖がでることがあり、これを腎性糖尿といいます。若い人にときどき見られる症状で、それほど心配いりません。しかしあとで糖尿病に移行することもあるため、定期的に尿や血糖の検査を受けたいものです。一方、健康な人でも食後や激しい運動をしたあとや過度のストレスがあるときなどには尿糖が多く出ることがあります。こちらは一時的なものです。