血清アミラーゼ

検査結果が正常でないときに疑われること・わかること

1.値が高い場合
急性膵炎 急性胆のう炎 急性虫垂炎 化膿性耳下腺炎 唾液腺閉塞 腎不全
2.値が低い場合
慢性膵炎 末期の膵臓がん 流行性肝炎 中毒性肝炎 肝硬変

アミラーゼってナニ?

アミラーゼは、膵臓や唾液腺から分泌される、でんぷんなどの糖質を分解する消化酵素で、膵臓に最も多く含まれています。アミラーゼは、膵臓に障害があると血液や尿の中にもれ出てくるため、血清や尿の中のアミラーゼを測定することで、膵臓の病気を発見したり、病気の状態を調べたりすることができます。 膵臓は、ホルモン(インスリンなど)や、消化酵素(アミラーゼなど)の分泌という重要な働きをしている臓器です。しかし、位置的にわかりにくいこともあり(胃のちょうど裏側の奥)、普段はなかなか意識されません。このような膵臓の状態を知るために、アミラーゼ測定は欠かせない検査なのです。