赤血球数

検査結果が正常でないときに疑われること・わかること

1.減りすぎている場合
貧血(貧血の詳しい分類については血色素〔ヘモグロビン〕の項を参照)
2.増えすぎている場合
多血症

赤血球ってナニ?

赤血球は、からだ中の細胞に酸素を運び、二酸化炭素を運び出す「ガス交換作用」というはたらきをしており、血液中の有形成分の大部分を占めています。貧血の大半は、この赤血球が足りないために起こる細胞の酸欠状態のこと。貧血でボーッとしたり、大量に出血したときに息苦しくなってしまうのは細胞が酸欠になるためです。 この検査では、1立方ミリメートルのなかの赤血球の数を調べます。

白血球数

検査結果が正常でないときに疑われること・わかること

1.増えすぎている場合
虫垂炎 肺炎 胆のう炎 膵炎 腎孟腎炎 心筋梗塞 外傷
2.減りすぎている場合
再生不良性貧血 悪性貧血 膠原病 放射線や抗がん剤の副作用

白血球ってナニ?

からだのなかに細菌やウイルスなどの異物が侵入してきたときに、それらをやっつけるはたらきをしているのが白血球です。けがをしたり炎症を起こしたりすると、それに負けまいとして白血球がどんどん増えます。つまり、白血球が増えるということは、たいていの場合、からだのどこかに炎症が起こっていたり、細菌やウイルスに感染していることを示しています(白血病が原因の場合は、ただの炎症が原因になっているときに比べて異常な増え方をします)。ちなみに、傷口が化膿してできる膿などは、戦って死んだ白血球と異物のかたまりです。

血色素(ヘモグロビン)

検査結果が正常でないときに疑われること・わかること

貧血
鉄欠乏性貧血:鉄分の不足による。若い女性に多い。
病気やケガによる出血が原因の貧血:痔、胃潰瘍、子宮筋腫など。気づかないほどの少量の出血でも、長期に続くと貧血になる。
悪性貧血:ビタミンB12の不足による。
再生不良性貧血:骨髄の造血能力が落ちる。
溶血性貧血:赤血球の寿命が短くなって、骨髄での製造が間に合わない。

血色素ってナニ?

血色素は、主成分が鉄であるヘムという赤い色素(血液の赤い色は、血色素によるもの)と、グロビンというたんぱく質からできていて、赤血球の中に含まれています。前述したように、赤血球はからだの中に酸素を運びますが、それができるのは、じつはこの血色素のおかげです。血色素のもとであるヘムに、酸素をつかまえる性質があるのです。つまり体内では、赤血球の船に乗った血色素が、酸素をつかまえてすみずみまで運ぶ、という運搬作業が休みなく行われているわけです。したがって、血色素が不足すると貧血になるのです。

ヘマトクリット

検査結果が正常でないときに疑われること・わかること

1.減りすぎている場合
貧血(貧血の詳しい分類については血色素〔ヘモグロビン〕の項を参照)
2.増えすぎている場合
多血症

ヘマトクリットってナニ?

ヘマトとは血液を、クリットとは分離を意味します。ヘマトクリットは、一定量の血液を遠心分離で固形成分と液体成分(血漿けっしょう)に分け、固形成分の中の赤血球の割合を調べる検査です。もしも赤血球の割合が減っていれば、赤血球と一心同体の血色素も減っていることを示します。ですから、ヘマトクリット値が低ければ、貧血が疑われます。 赤血球、血色素、そしてこのヘマトクリットを調べることで、いろいろある貧血のおおよその種類を診断することができます。

血小板数

検査結果が正常でないときに疑われること・わかること

1.減りすぎている場合
血小板減少性紫斑病 再生不良性貧血 悪性貧血 白血病 肝硬変
2.増えすぎている場
慢性白血病 多血症

血小板ってナニ?

血小板は、からだの内外の出血を止めるという重要なはたらきを持つ血球です。これが減ってしまったり、何らかのかたちで機能が低下したりする(血小板自身の病気)と、出血しやすくなったり、けがや手術の際に血が止まりにくくなったりします。かといってたくさんあればいいものというわけではなく、慢性白血病や多血症が原因で増えすぎても出血しやすくなります。